鬱になるコピペ

ここでは、「鬱になるコピペ」 に関する記事を紹介しています。

Powered by Ayapon RSS! オススメ バルーン通販 消費者金融


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353296631/

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 13:37:02.16 ID:PCQvPEx80

面接官「このボールペンを私に1万円で売ってください」


俺「いやです」


面接官「・・・理由をお聞かせください」



俺「私はこんなボールペンを売るために御社を志望したわけではないんです。

  御社のアイデア溢れる商品!思わず笑みがこぼれる発想!

  そういった商品の数々に感動して御社に応募したんです。

  御社のすばらしい商品の魅力をお客様にお伝えする。

  それこそが私の最大の志望動機です。

  なので私は、このなんの面白味もないボールペンをお売りすることはできません」



面接官「このボールペンはウチの商品です」


俺「以上で面接を終わります」



面接官「本日はありがとうござました」


俺「ありがとうございました」





65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 13:38:17.67 ID:12JFOHnn0

とある田舎に若い夫婦が暮らしていた。

妻は子供を身ごもっていて夫婦は生まれてくる日を

楽しみに待ちわびていた。

ところがある夜、妻は急に苦しみだしたのだ。

病院はかなり遠くにあり、夫は病院に電話連絡して 妻を車に乗せ向かった。


数キロ走ったところで老人が手をあげて道ばたに現れた

「車のタイヤがパンクしてしまった手伝ってくれないか、急ぎの用事があるんだ」と言う。

夫も早く病院に着きたかったので老人の言葉に「俺だっていそいでるんだ!!」と怒り気味に答えそのまま通り過ごした。


しばらくして男は病院に着いたが医者がまだ到着していないと言う。


処置室で夫婦は医者をまっていたが妻の容態は悪化し何の手を打たぬまま妻はかえらぬ人となった。


夫は医者を呪った。電話をしていたのに何故来ない!!!

この怒りを医者にぶつけてやろうと思っているとき


「おそくなってすみません」と頭を深々下げ医者が到着した。


夫は、怒りの罵声をあげようとした。その瞬間言葉につまった。。。



頭を上げた医者は途中で助けを求めたあの老人だった。







74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 13:49:33.66 ID:PCQvPEx80

普段は友人として普通に接している連中相手でも、みんなで飯を食いに行く時とか特に壁を感じる

俺が「そろそろ行こうぜ」って言っても、みんな「うんそうだねー」って感じで

全然動き出さないけど、他の誰かが「行くか」って言うと動き出す

俺がいなくても何事も無いかのように進むけど、他の誰かが欠けてると

そいつに連絡取ったり待ったりする

俺以外の奴が財布を取りに行ったり便所行ったりするとみんなそれを待つけど、

俺が靴ひも結んでたりしてても完全無視でみんな先に行く

どの食堂に行くかという話で俺の案は採用されない

食べ始めるのはみんなが席につくまで待つのが基本だけど、俺が最後のときは

みんな既に食べ始めている

食後、普通は食器を全員が片付けるのを待ってから食堂を出るのだが、

俺が最後のときはみんな先に帰り始めている

横に並んで歩いている時、俺の両隣りが徐々に迫ってきて遂には俺は後ろへ

追いやられて、みんなの後ろをトボトボ歩く羽目になる

誰かが購買に寄るとみんなついていくが、俺が行くときは誰もついてこない

これらの行為は作為的なものではなく、無意識なものだと思う

みんなが特に俺への接し方に差をつけてるのではなく、

ただ俺の存在や影響力が薄すぎるだけなのだろう

たぶん、俺だけこんな空気な扱いになってることにも気付いてない気がする

みんなのことは憎くないけど、自分の不甲斐無さが憎い

こういうことが続くと、一人が楽だなーって思う






100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/19(月) 14:08:58.44 ID:12JFOHnn0

夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。

国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。

ペダルを漕がなくても。何もしなくても。

ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。

子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。



しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。

当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。

交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、

蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。

でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。



今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。

家から電車でたかだか10個目くらい。

子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。

でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。



今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。

彼らもいつの日にか思うのだろうか。

今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、



あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。

もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。

あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。







131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/19(月) 14:32:41.97 ID:12JFOHnn0


高3の秋。両親と妹が親戚のとこに行って夜まで帰ってこないので、家には俺ひとりきり。

そこで俺は最高にゴージャスなオナニーをしようと思いついた。

居間のテレビでお気に入りのAVを再生。洗濯機から妹のパンティを取り出し、

全裸になって頭からそれをかぶり、立ったまま息子を激しくシゴいた。

誰もいない家で、しかも真昼間にやるその行為はとても刺激的だった。

俺はだんだん興奮してきて、

「ワーオ、最高!イエース!グレート!」と叫びながらエアギターを弾くように

部屋中を動き回ってオナニーをした。

テーブルに飛び乗り、鏡に自分の姿を映し、「ジョジョ」を髣髴とさせる

奇妙なポーズでチンポをこすってみた。

すさまじい快感で汗とヨダレが流れるのも気にならなかった。

「ヨッシャーいくぞー!! ボラボラボラボラボラボラボラボラ ボラーレヴィーア!!」

俺はゴミ箱の中に直接ザーメンをぶちまけようと後ろを振り返る。



そこには両親と妹が呆然と立ち尽くしていた。怒りとも悲しみともつかない

不思議な表情を浮かべながら…。

「な、なんなんだよ!お前ら!!」

俺は叫んだ。今思えば「なんなんだ」と叫びたかったのは父のほうだったに違いない。



あの瞬間、俺は世界一不幸な男だった。それは断言できる。

その後の数週間いや数ヶ月も辛かった。家族から向けられる蔑みの視線…。

しかしそんな俺も今こうして生きている。

もしなにかに悩んでて「死にたい」って思ってる人がいたらどうか考えなおしてほしい。

人間というのは、君が考えているよりはるかに強い生き物だから。

人間はどんなことでも乗り越えていけるのだから。






158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 15:16:10.65 ID:PCQvPEx80

今日バス乗ったら優先席しか空いてなかったんだけど

ちょっとヤバいくらいの腹痛に襲われてたので仕方なく座ってた



そしたら途中のバス停から杖ついたじーさんが乗ってきて立ち尽くす



すると同じように立ってた茶髪の若い兄ちゃんが俺に向かって

「何座ってんだテメェ!」とか言ってきて俺「ひぅっ」とか声が出たけど

俯いたまま座ってたら腕掴まれて立たされた



周りがなんか茶髪エラいみたいな空気になってじーさんも茶髪に「ありがとうありがとう」って

何度もお礼言ってる中、俺はブリュリュリュ!って音立てながらウンコ漏らした



次のバス停で降りた

死にたい






185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 15:50:46.22 ID:PCQvPEx80


重い話じゃ無くて軽いのを一つ


高校時代の寒い冬、弁当を食べてた時に

横から手が伸びてきて同級生に最後の唐揚げをとられた。



飯の恨みは重い

というわけで仕返し決行!

まずチョコレートを買います。

次に器砕いたチョコレートを入れて湯煎します。

ハートの型に入れて冷蔵庫に入れれ冷やします。

固まったらかわいくラッピングします。

これで準備は終わりました。

後は復讐決行日2月14日を待ちます。



当日朝はやめに学校に行き誰も見てないことを確認して

相手に机にチョコレートを入れて完了!

それを発見した後のそいつの反応はとても面白かった。



机の中にチョコレートがあるのを発見したそいつは

(;゚ Д゚)みたいな顔して1分くらい固まった後、そっと机の中にチョコレートを戻した。

その後一日中ビクビクソワソワ後ろを頻繁に振り返る挙動不審ぷりを見せてくれました。



それを見て俺は笑いをこらえるのが大変だった。

そりゃびっくりするよな。

うち男子校だもんな。

流石にかわいそうなのでその日の放課後ネタばらしをしに行ったところ

顔面にグーパンチが飛んできました。



ついでに次の日から俺がホモだという噂が流れました。

どうしてこうなった、ちょっと仕返ししただけなのに(;ω;)






274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/19(月) 18:58:06.34 ID:KjfwPSBl0
痛くて熱くて苦しくて悲しくて辛くて泣きたくて耐えられなくて逃げられなくて逆らえなくて終わらなくて
背けたくて叫びたくてもがきたくて吐きたくて止めたくて抵抗したくて刃向かいたくて抗いたくて逃げ出したくて
隠れたくて避けたくて篭りたくて拒絶したくて噛み付きたくて跳ね除けたくて振り払いたくて追い詰められて捕らえられて
引きずり出されて攻め立てられて 強制されて赦されなくて束縛されて締め付けられて押し付けられて引き千切られて
投げつけられて虐げられて呻きたくて喚きたくて狂いたくて堪えられなくて掴まれて殴られて裂かれて砕かれて蹴られて
焼かれて刻まれて焦がされて穢されて破られて荒らされて壊されて嬲られて弄ばれて潰されて踏みにじられて飽きられて
放り出されて打ち捨てられて気を失って痛みも麻痺して心が壊れて涙も出なくてでもまた拾われてまた掴まれてまた殴られて
また穢されてまた破られてまた砕かれてまた切られてまた刻まれてまた焼き焦がされて
嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに
嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに嫌なのに
これがあなたが知らなかった本当の私です コレがアナタが見捨テタオンナノコです

主人公のせいで好きな女の子が10年レイプされてたことを本人から語られる図



ef - the first tale.ef - the first tale.
(2006/12/22)
Windows

商品詳細を見る


275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/19(月) 19:00:44.08 ID:fid4PKYx0
>>274
語彙力ハンパじゃないな




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/19(月) 12:49:54.76 ID:RKjygyKi0

俺は高校の時、DQN4人組にずっと悪質ないじめを受けていた。

チンポの写メとられたり、殴られたり、クラスの前でからかわれたり

机に悪口を掘られて、そこに修正液を流し込んで、悪口を消えなくしたり

牛乳パックを投げつけられたり、本当にいろいろされて死にたかった。

俺はそれがトラウマで高校はなんとか卒業したが、大学には通えなくなった。

今は底辺ニートやってるよ。



去年、急に俺のところに高校の同窓会の連絡が来たんだ。

いままで、一回も呼ばれたことなかったのにな。

俺は24歳ニートだったからもちろん断ろうとおもったよ。

でも、しつこく誘おうとしてる奴がDQN4人組の一人だと知った。

俺は同窓会に出ることに決めた。

同窓会が盛り上がってる最中に俺に人生狂わした4人のだれかをぶん殴って

それで出て行こうと思った。

で、同窓会なんだけど最悪だった。あいつら4人は本当に最低だった。

あいつら4人は同窓会遅れていった俺の近づいて来て、いきなり誤り始めた。

「昔、いじめて本当にごめん。ずっと反省してたんだ。

一度、いじめた俺たち四人全員で誤りたかったんだ」

と言って、真剣に俺に謝ってくる。

同窓会終った後に、更に俺を呼び出して 「お前の傷が治るかわからないけど、本当に許してくれ」

とDQNリーダーは土下座までしてきた。

DQNの二人は旧帝卒のエリートになっていて、

残り二人もしっかりした仕事に就職した立派な社会人になっていた。

俺は悔しかった。DQN4人は最後まで極悪のDQN4人でいてほしかった。

なのに、会ってみると、人のできた立派な人間になっていた。社会的立場も良好だった。

逆に、俺は高校卒業からずっとニート、更にずっとお前らを憎んできて、人間性なんて形成されずに止まってる。

社会性なんて身につきもしなかった。

俺の憎しみは対象を失って自分に帰ってきた。

同窓会の日はすごく死にたくなった一日だった。







8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/19(月) 12:51:00.77 ID:RKjygyKi0


このまえ娘が通ってる小学校で、

男子を女子がフェラしてる数人のグループがみつかって大問題なったぞ。

姉のもってるananをもってきた子がいて、

放課後エロページを皆でみてるうちに、試しにやってみようて話になったらしい。

小学生なんて恋愛感情とか関係なく、好奇心だけで性行為するんだよ。

まだ性行為のこと全然おそわってないのに、

メディアが性行為の情報バンバン垂れ流してるから、

性行為を単なる遊びだと思ってる。ジャンケンみたいな感じで。

なんか「5分以内に射精させたら勝ちで、アイスおごる」て会話だったらしい。

まじで恐ろしいわ。

なんでこんな詳しく知ってるかというと、うちの娘も参加してたから。

お父さん泣きたいわ






326 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/19(月) 22:28:07.89 ID:D/x6aWVT0

ガキの頃はバカだったなぁ

あの頃は段ボール1つでヒーローになれたんだ

古タイヤ転がすだけで幸せになれたんだ

用水路を歩くだけで探検家になれたんだ

風呂敷をマントにして空を飛べたんだ

木に登るだけで星をつかめたんだ

土管に入るだけで宇宙へ行けたんだ



あの街が僕の全世界だったんだ



ガードレールからかっぱらった反射板が一つあればウルトラマンになれたんだ

2つあれば仮面ライダーにもなれたんだ



毛布を被るだけで怪獣になれたんだ

イチゴのキャンディーをなめるだけでドラキュラになれたんだ

サングラスかけるだけでハリマオになれたんだ

ついでにシャンプーキャップとマスクをつけるだけで月光仮面になれたんだ

映画の下敷き買っただけで次の日話題の中心になれたんだ

竹ボウキ2本もあれば真剣勝負ができたんだ



そんな僕らの恋だったんだ

なぜだか涙が止まらないんだ






328 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) [sage] 投稿日:2012/11/19(月) 22:31:41.05 ID:ULUKlf9L0


子供時代を思い出すと今現在との感覚が違い過ぎて嫌になるわ

昔は何でも楽しかったのに…











関連記事
ツイート はてブ

タグ : ネタ,

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kesig.blog.fc2.com/tb.php/253-a6978187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 | Copyright © チラ裏速報 All rights reserved. | 

    Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。