男「絶対服従ねぇ…」 3

ここでは、「男「絶対服従ねぇ…」 3」 に関する記事を紹介しています。

Powered by Ayapon RSS! オススメ バルーン通販 消費者金融


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1はこちら


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 13:54:26.85 ID:qTzxTAbs0

~コンビニ~

店員「しゃせー」

天使「なんですかここは」

男「コンビニだよ…」

天使「へぇ、いろいろ有るですね」キョロキョロ

男「…」ジー

天使「?どうしたですか」

男「いや、お前って綺麗な顔してるなーって思っただけ」

天使「ふふん!当たり前ですよ!なんてったって天使会のアイドルなんですから!」

男「多分嘘だな」

天使「んなっ!」

男「あーやっぱ嘘か」

天使「うぐっ」


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 13:59:13.78 ID:qTzxTAbs0

男「ほら、なにか欲しい物あるか?買ってやるから」

天使「ふえ?欲しい物ですか」

天使「えっと…」トテトテ

男「…(やっぱ可愛いな)」

男「外見はな」

天使「にんげーん」トテトテ

男「ん?決まった?」

天使「これ」

男「……(あ、あずきバー)」

天使「なんか凄く歪な見た目なので興味持ったですよ!」

男「う、うん…ほんとにそれで良いんだな」

天使「わかったから早く買えですよ!」

男「わ、わかった(俺はチョコモナカジャンボでいいや)」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 14:09:31.45 ID:qTzxTAbs0

店員「しゃしたー」



天使「は、はやくよこすですよ!」

男「はいはい」ガサガサ

男「はい」スッ

天使「♪」ポイ

男「おい、なにゴミ捨ててんだよ」

天使「は?なにがですか?」

男「いや、お前天使なんだろ!?」

天使「別に地球がどうなろうが私の知ったこっちゃ無いですよ」

男「…最低だな」

天使「…はむ」


152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 14:12:11.53 ID:qTzxTAbs0

天使「!!」

男「ん?どした」

天使「に、人間…」

男「はい」

天使「も一個買ってくるです」

男「はぁ?」

天使「これ!もう一つ買ってくるですよ!!」

男「あっ、気に入った?」

天使「ななな、べ、別に気に入っては無いですよ!!た、ただもう一つほしいなと…」

男「美味しい?」

天使「だ、だから」

男「美味しい?」

天使「……おいひい」モグモグ


154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 14:21:19.72 ID:qTzxTAbs0

男「つーかよ」

天使「ひゃい?」モグモグ

男「お前家に来るつもりなの?」

天使「はい、そうですよ?」

男「昨日はどう転がり込んだか分からんが…どうすんだよ」

天使「あっ、大丈夫ですよ」

男「なにがだよ…」

天使「私は人間の同妻相手って設定になってますから」モグモグ

男「へー、同妻ねぇ」

男「はっはっは、なら安心だな」

天使「はい」モグモグ

男「……」

男「おい!」

天使「もー、なんですかー」


156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 14:29:21.56 ID:qTzxTAbs0

男「おかしいよな?絶対おかしいよな?」

天使「まっ、私の魔法にかかればそれ位余裕ですよ♪」

男「ま、魔法って…お前なぁ」

天使「あっ!大丈夫ですよ?そこらのへっぽこ悪魔と違って私のは半永久的に効果は継続しますから」ポイ

男「あっ!また捨てる!」

天使「だから心配すんなです!」グッ

男「…頭痛くなってきた」

天使「人間」

男「ん?」

天使「コンビニに寄るが良いです!!」

男「…」スタスタ

天使「あぁん!よ、よってくれですー」


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 15:00:56.28 ID:qTzxTAbs0

~自宅~

ガチャ

男「っだいまーって、」

男「妹の靴しかないな」

天使「…」

男「なぁ、もう機嫌なおせよ」

天使「…」

男「わ、わかった、後で買ってきてやるから」

天使「いま食べたい…」

男「…」

妹「あっ、おかえり」

男「んあっ!?」

天使「ただいま」ニコ

妹「う、うん…」

男「あっ(ほんとに驚かないんだな)」


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 15:04:10.09 ID:qTzxTAbs0

妹「あ、あのさ」

男「ん?」

妹「なんでもない」スタスタ

男「本音でぶつかってきてくれないか?」

妹°「…」タタタ

ギュ

男「うわっと」

妹°「二人きりになりたいんだけど…」

男「にゃるほど」

妹°「で、でも天使さんに失礼だし…」

男「別に良いよな?」

天使「あずきバー…」

男「…冷蔵庫に入ってると思う」

天使「!」タタタ


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 15:52:49.22 ID:qTzxTAbs0

~男部屋~

男「で、話ってなんだよ」

妹°「あのね、て、天使さんと一緒の部屋になってから三ヶ月だよね…」

男「…(なんちゅーぶっ飛んだ設定になってんだ)」

妹°「だからさ…最近も天使さんにべったりで、私に構ってくれないしさ…」

男「す、すまん(あー最悪、めちゃくちゃややこしくなってやがる)」

妹°「あのさっ、て、天使さんとは…どこまでいったのかな」

男「へ?」


172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 15:56:49.87 ID:qTzxTAbs0

妹°「いや、だから…その」

男「別になんともないけど」

妹°「嘘…」

男「いやいや、ほんとに」

妹°「だって…毎日同じベッドで寝てるしさ…」

男「いや、寝てるだけだから(あーもう!後であいつお仕置きだ)」

妹°「い、一緒にお風呂にも入ってるし…」

男「ふ、ふろぉ!?(あいつなにやってんだよもー)」

妹°「そ、それに夜中にさ…お兄ちゃんの部屋から声が

ダタタタ

妹°「あっ!お兄ちゃん!?」


男「殺してやるあのへっぽこ天使がああぁ!」


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 15:59:56.47 ID:qTzxTAbs0

天使「あー…無くなっちゃった」

あずきバー1「…」

あずきバー2「…」

あずきバー3「…」

あずきバー4「…」

あずきバー5「…」

男「て、てめぇ…母さんの全部食べやがったのか」

天使「んあっ!?ち、違うですよ!?か、彼等が勝手に私の口に」

男「黙れ!ばか天使!」

天使「んな!人間風情が調子にのるんじゃ

男「俺の犬になれ!」

天使「はがっ!?」ビクン


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 16:28:12.13 ID:qTzxTAbs0

天使°「…」

男「ったく、そこに座ってろ」

天使°「うん」スッ

男「はぁ…最悪、スーパーに行って買い直してこなきゃなぁ」

男「ったく、お前は食い意地のは

ギュ

天使°「…」

男「おい、座ってろって言わなかったか?」

天使°「はぁ…か、身体が熱い…」

男「んあ?熱?」

天使°「ちがう…」

男「だったらなんだよ」

天使°「う、疼いちゃって…と、とまら」

男「あ(ましゃか…はつじょ)」

天使°「んっ!」ガバ


181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 16:32:58.88 ID:qTzxTAbs0

ドサッ

男「ほぐわっ!」

天使°「はぁはっあぁ…」ヌギヌギ

男「わっ、わー!ななななな、なに脱いでんだばか」

天使°「に、人間がいけないんだよぉおっはぁ、っあはぁ」ヌギヌギ

男「ぐっ、う、上にのるなっての」グググ

天使°「だ、だめぇ!も、もぅっ…げっ、かぃ」ギュ

男「あぁっ!な、治れ!治れ!!」

天使°「えへへぇ」スリスリ

男「んな、なんで聞かねーんだよ!」

妹°「あ…お、お兄ちゃん?」

男「んがっ!?」ビク


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 16:46:56.92 ID:qTzxTAbs0

男「あ、ああぁっか」

天使°「ん~」

チュゥ

男「ん"!?」

妹°「!!」

天使°「んほりゃぁ、口あけてよぉ」スリスリ

男「んぷぁっ、はぁ…っは、や、やめ」

天使°「!」

チュリュ

男「っ!」

天使°「んっぷ…んぁっ…じゅっぷ」

男「…っ、…じゅ」

妹°「あっ…あぁっ」

天使°「んっぷ……にんげんのだえきっ…んふふふ」ギュ

男「んあっ…っはぁ、はぁ…」


188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:04:39.19 ID:qTzxTAbs0

妹°「ご、ごめんなさい!」ダタッ

男「うわっ、って、おい!」

天使°「ん~」スリスリ

男「だぁもう!解けろ!治れ!」

天使°「んあ……絶対服従」

天使「…」ドサッ

男「はぁ…」

男「って、まだ妹の解けてないし!」

男「どけってーの!」グイ

天使「…」ゴロ


男「っと、追いかけなきゃなぁ」


189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:08:13.04 ID:qTzxTAbs0

~公園~

妹°「…」ドキドキ

妹°「お、お兄ちゃんと…天使さんが…」

妹°「し、しかも天使さんっ、は、裸だたしさっ」

妹°「や、やっぱり二人って…え、エッチな事とか…し、して

男「してねーっての」

妹°「あっ!お、おにい

男「解けろこのやろー」

妹°「あ"っ」

妹°「…絶対服従」

ドサッ

男「ありゃりゃ、気失ってるわ」

男「…」


190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:12:16.81 ID:qTzxTAbs0

妹「…ん、」

男「あっ、気づいた?」スタスタ

妹「……わわっ!?な、なんでお兄ちゃん」

男「暴れんなっての、落ちるぞ?」

妹「なんで…おんぶなんて」

男「ん?いやっ…その」

妹「あっ」

男「どした?」

妹「な、何となくだけど…覚えるかも」

男「覚えるって、なにを?」

妹「えっとね……」


妹「!?」カアァ

妹「へ、変態!!」

男「んなっ?なんだよ急に」


197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:43:43.48 ID:qTzxTAbs0

~男部屋~

男「ってことが有ってさ」

天使「はいはいなる程にゃるほど」

男「絶対服従中は記憶無いんじゃ無かったのか?」

天使「まぁ、最初はですけどね」

男「最初?」

天使「そですよー、何回もかけられると免疫がどうたらで最終的には操られても気絶しなくなりますね」

男「は、はまじ?」

天使「ちびまる子ちゃんは昨日です~」

男「…確かに妹には何回もかけてたからなぁ」


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:46:20.08 ID:qTzxTAbs0

~妹部屋~

妹「むぐぐぐ」

妹「お、お兄ちゃんと天使さんが…き、ききき」

妹「キスをっ、し、しかも舌まで入れて」

妹「あわわわわわ」

妹「な、なにもリビングで…しかも天使さん裸だったしぃ…」

妹「…はぁ、やっぱり結婚しちゃうのかなぁあの二人」

妹「…」


妹「嫌だなぁ…なんか」


200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:51:24.64 ID:qTzxTAbs0

~翌朝~

天使「ほら、起きるですよー!」ユサユサ

男「…んぁ、おはよぉ」

天使「全く、いくら飛ばすからってご飯やお風呂の描写を飛ばす奴がいますか!」

男「へ?…すまん」

天使「私は先におりときますよ?はやくしてくださいねー」トテトテ

男「…俺も早く着替えていこ」


201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:54:19.26 ID:qTzxTAbs0

~通学路~

友「うーす」

男「おはよ」

天使「おはようございます」

友「くわー!今日も眩しいね天使ちゃん!」

天使「そっ、そんな事言わないでください…は、恥ずかしいから」

男「…(当たり前の様に制服きて当たり前の様に生徒になってる)」

男「恐いわ、洗脳って…」

友「どした?なんか変だべお前」

男「んでもねーよ」


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:57:10.08 ID:qTzxTAbs0

~教室~

委員長「あっ、男くん」

男「ん?」

委員長「職員室にみんなのノートが有るんだけど」

男「…とりにいけと」

委員長「あら?昨日学校休んだのは誰かな~」

男「わかりました」

委員長「うん、じゃあ一緒に行きましょう」


204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 17:59:42.38 ID:qTzxTAbs0

男「なぁ委員長」

委員長「へ?なに」

男「それ…」

委員長「ハンカチがどうかした?」

男「いっつもそれ使ってない?」

委員長「別に良いでしょ?」

男「ま、まぁそうだけど」

男「つーか委員長ってさ」

委員長「ん?」

男「いや…なんでもないっす」


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/26(月) 18:02:51.82 ID:qTzxTAbs0

委員長「はい、半分持ってね」

男「はーい」

委員長「あー男くんが居て助かったぁ」

男「…」

男「なんか変わったよな、委員長」

委員長「な、なにが?」

男「いや…なんつーかさ、親しみやすくなった?」

委員長「なんで疑問系なのかな?」ニコ

男「目が笑ってないんすけど…」



関連記事
ツイート はてブ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | Copyright © チラ裏速報 All rights reserved. | 

    Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。