男「絶対服従ねぇ…」 5

ここでは、「男「絶対服従ねぇ…」 5」 に関する記事を紹介しています。

Powered by Ayapon RSS! オススメ バルーン通販 消費者金融


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1はこちら



336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 00:49:27.82 ID:geLe+VYr0

~リビング~

母「あら?」

妹「はい、あーん」

天使「だ、だいじょうぶですから、ひ、一人で食べれますよぉ」

妹「だーめ!はい、あーん」

天使「ゔぅ…」

男「…」モグモグ

母「どうしたの?頬真っ赤にして」

男「にゃんでもにゃい」モグモグ

妹「はいあーん」

天使「ぅあぁっ、た、助けてよぉ男ぉ」

男「おいひいよ、えんびふらい」

母「あらそう?ありがと」


340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 00:51:58.38 ID:geLe+VYr0

妹「ごちそうさま!美味しかったね、天使さん!」

天使「…はい、美味しかったです(うぅ…なんたる屈辱)」

母「お粗末さまでした」

男「今日も父さん遅いんだね」カチャカチャ

母「うーん、来月まで22時まで残業っていってたから」

男「うっへぇ、ブラック」


346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 01:02:10.09 ID:geLe+VYr0

~男部屋~

男「……」

天使「っゔぅ…っぐっ」

男「えっと、妹と一緒に風呂に入ったと」

天使「……」コクン

男「それで妹が背中を洗ってやるといってきた」

天使「うん…」

男「それで、身体中をなめまわさ

天使「いやあァ"阿ぁっ!!」ガクガク

男「…」

天使「な、なんであんな事が平気でできるですか!?か、身体中に鳥肌があぁ」ブルブル

男「はやく妹の部屋に行けよ、待ってんだろ?」

天使「あ"ぁああぁあ"!!」


349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 01:04:32.00 ID:geLe+VYr0

ドンドンドン

天使「ひいぃ!?」ガクガク

妹「お兄ちゃーん、開けてよー!」

ドンドンドン

男「…」

天使「やだやだやだやだやだやだやだ!!」ガクガク

ドドンガドン

妹「開けてってばー」

男「…」チラ

天使「うぅ"うぅう"うっ」ガタガタガタ


353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 01:07:53.32 ID:geLe+VYr0

男「早く部屋に行って寝ろ」

妹「へ?」

妹°「…」スタスタ


男「行ったぞ」

天使「ほほは、ほたつあなゃ」ガクガク

男「ほらっ、布団に入れよ」

天使「うぅうう、あ、ありがとうですっ」

男「じゃあおやすみ、また明日」

天使「に、人間はどこで寝るですかっ」ブルブル

男「いや、普通に床で」

天使「わっ、わらひを一人にする気ですか!??!」ガタガタガタ

男「もう妹は居ないだろ」

天使「だだだだだ、黙れですっ!」ガクガク


360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 01:20:21.04 ID:geLe+VYr0

天使「ふぅっーふぅう」

男「お前何時までびびってんのさ」

天使「…だまれ」ギュウ

男「あはは…そんなに怖かったのか」

天使「あ、あれはひとじゃ無かったです…」

男「妹が聞いたら喜びそうだ」

天使「人間といいあの子といいなんで変態ばかりなんですかこの家は」

男「ひどいなおい」

天使「はあぁ…早く寝るですよばか人間」

男「…ちょっとだけエッチになーれ」

天使「ばっ、なにいって

天使°「…」ギュウ


396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:18:11.47 ID:geLe+VYr0

~翌朝~

男「あー…」

天使「…」

男「起きろ、朝だぞ」

天使「んあっ…」

男「もう7時過ぎてるぞー」

天使「ん…わ、私…裸?」

天使「……」サアァ

天使「ままままま、まさか!?」

男「ふひ」

天使「あぁ、神よ…お許しを」

男「いやいや、股赤くないだろ」

天使「ありゃ、ほんとだ」


400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:20:53.20 ID:geLe+VYr0

~通学路~

男「んー、友居ないなぁ」

天使「まぁ居ない方が楽なんですけどねぇ」

男「猫かぶったお前が悪いだろ」

天使「だってぇ」

男「だっても糞もないのっ……て」

天使「ん?どしましたか人間」

男「なんで委員長が」


403 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:25:06.32 ID:geLe+VYr0

委員長「あっ!男くん……に、天使さん」

天使「…(なんですか今の間は)」

男「どしたの、珍しいねこんな所で」

委員長「あはは、たまにはこっちも良いかなって」

男「へぇ、まっいいや、一緒に行く?」

委員長「邪魔じゃ無い?」

男「あっ、全然!」

委員長「でも、天使さんが」

男「良いって良いって、な?」

天使「…はい」


405 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:28:37.18 ID:geLe+VYr0

男「あのさ、委員長」

委員長「は、はい」

男「委員長ってさ、去年だっけ?あの、入院したの」

委員長「あっ…う、うん」

男「違うクラスだったからわかんなかったけどさ、やっぱり退屈だった?入院生活」

委員長「……」

男「あ(やっば、委員長ぼっちなの忘れてた)」

男「う、うそ!いまのなしなし!」

委員長「退屈…だったけど、退屈じゃなかった…かな」

男「い、意味がわかりませんなぁ」

天使「……」


408 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:32:05.17 ID:geLe+VYr0

委員長「うーん、なんて言えば良いのかな…そのー」

男「あぁ!学校サボれてラッキーだったとか?」

委員長「…あなたじゃあるまいし」

男「あはっはは…で、ほんとのところどうなの?」

委員長「えっとね、お見舞い?なのかな…」

男「へー、お見舞いに来たんだ誰かが」

委員長「……凹むから、その言い方本当に凹む」

男「あ…で、で、なんなの?お見舞いが?」


413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:36:07.11 ID:geLe+VYr0

委員長「んー…なんかもやもやするんだよね」

男「ふむふむ」

委員長「入院中に何かが有った様なぁ…」

男「…」

男「知ってる事を教えてくれないか?」

委員長「へ?」

委員長°「うん、入院中に…誰かが」

男「誰か?(おかしいな、命令は絶対だぞ?なんでちゃんと答えないんだろ)」

委員長°「そう、誰か…」

天使「ほら、解かないともう学校ですよ人間」

男「んあ?……終わり!」


416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:39:22.42 ID:geLe+VYr0

~教室~

委員長°「…絶対服従」

委員長「あれ?教室?」キョロキョロ

男「うん」

委員長「きゃっ!お、男くん…ち、ちかいよ」ドキドキ

男「あ、ごめんごめん」

委員長「いや…あの、う、うん」

男「じゃあ俺席につくから」

委員長「うん…あ、あのさ」

男「んー?」

委員長「あ、…なんでもない」

男「?わかった」


417 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:41:15.44 ID:geLe+VYr0

天使「人間、少し良いですか」

男「へ?」

天使「ひと気の少ない場所に行きたいんですよ」

男「あ、あぁ…なら図書室とか」

天使「案内してください」

男「はい…」


419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:43:26.05 ID:geLe+VYr0

~図書室~

天使「…」

男「で、なに?要件って」

天使「なんかおかしいと思いませんか?」

男「…お前の頭?」

バチン!

天使「…」

男「しゅみましぇん…」

天使「ま、まぁ少しのギャグは許してやるです」

男「…(許してねーじゃねーかクソが)」


424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 02:53:40.63 ID:geLe+VYr0

天使「さっきの委員長の話し」

男「んあ?」

天使「人間が絶対服従を使っているのに答えられなかった場面があったはずですよ」

男「あぁ、それは俺も思った」

男「まぁど忘れなんじゃねーの?」

天使「…それはないとおも

男「ちんこが痒い、なんとかしてくれ」

天使「いましゅうっぐぅ!?」

天使°「…は、はやくだすです」

男「ひっひっひww」カチャカチャ


430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 03:10:17.02 ID:geLe+VYr0

男「あのさ、その、」

天使°「もぅ、なんですか」

男「おっぱいで…あの」

天使°「うー…多分挟めませんよ」

男「なんで?」

天使°「み、みればわかるじゃないですか…その、わたし…あまり大きく無いし」

男「やりもしないで出来ないはねぇ…あーちんこが痒いよー」

天使°「うむむ…や、やってやるです!」ヌギヌギ


433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 03:14:36.03 ID:geLe+VYr0

男「…ひひっ、ひww」

天使°「んっ」

プニュ

男「おふっ」ビク

天使°「ゔー、やっぱりうまく挟めまないです」ムニュムニュ

男「うぁっ!?い、いいよ…そ、そのまま」

天使°「……あ、そうです」スッ

男「ん?な、なに?(やめるんじゃねーよ!)」

天使°「制服を着てっと」

天使°「そしてぇ…第二ボタンをとってと」プチプチ

男「お、おぉ」


435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 03:18:22.67 ID:geLe+VYr0

天使°「っと、この中に男のちん◯をいれてぇ」

天使°「んしょ」ムニュ

男「うあ"っ!?」ビク

天使°「えへへぇ、はしゃめたぁ」

男「ぁ、ああっ、あ」

天使°「き、きたないですけど…わ、私の唾で我慢してくれますか?」

男「断る理由がみつからん」

天使°「ありがと、……ん」トロ



441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 03:46:51.22 ID:geLe+VYr0

男「うぅ"っ!?」ビク

天使°「こ、こりぇでじゅぼじゅぼできりゅよぉ」グイ

男「はあぁっあっあ"!」

天使°「じゃあうごかひゅよぉ」

ジュップジュピュップッジュプ

男「んがっぁっかあはあぁ!?」

天使°「あっはあぁ、むねのなかでぴくんぴくんいってりゅよぉ?」

ニュチュジュプップリュッジュプ

男「あっ!?も、もっ!?」ガクガク



445 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 03:57:37.83 ID:geLe+VYr0

___
____

天使「ぶち殺されたいんですか?」

男「…いえ」

天使「私はなんですか?人間の性欲処理機ですか?」

男「ちがいます」

天使「では私の胸の中にある粘り気のある臭くて白色の液体はなんですかねぇ」プルプル

男「…舐めてみればわかるとおも

ドスッ

男「ごっ!!?」

男「…」ピクピク

天使「ったく…」

天使「ん、」ヌチャ

天使「…」ペロッ


天使「にがっ!」


446 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 04:02:12.72 ID:geLe+VYr0

~一限目~

男「…(あれ、友居ないし)」

天使「…」クンクン

天使「ぅぇ"(まだ臭いとれてないですよ)」

男「…(あいつ何処に)」


~屋上~

友「んー、サボっちまったな~」ゴロン

友「二限目から本気だすからいいべ」

友「…」


友「…zZZ」


529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 13:35:26.87 ID:geLe+VYr0

~昼休み~

天使「人間、お昼ですよ」

男「…」

天使「どうしました人間?」

男「ちょっち寄るとこが」

天使「あぁ、屋上ですか」

男「うん、結局友の奴戻ってこなかったしな」

天使「へー…気になるんですか」

男「あたりまえ!だって友達だし!」

天使「ふうん…じゃあ私もついてきますよ」

男「はいはい、じゃあ行くぞー」


532 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 13:38:12.15 ID:geLe+VYr0

~屋上~

友「あーやば…結局昼までサボっちまったなぁ」

友「…昼までねぇ」

友「…」

ガチャ

男「うひひ、いたいた」

天使「えへへ、来ちゃいました」

友「おっ!明日は雨かな!?」

男「あはは、ほら、フルーツパン」

友「おっ、ありがと」


533 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 13:41:18.65 ID:geLe+VYr0

男「へー、結構美味いなこれ」モグモグ

友「そーかぁ?甘ったるくて胸焼けおこす」モグモグ

男「だったらなんで毎日食べてんだよww」

友「さぁ?」モグモグ

天使「…(不味い…あずきバーと比べて中途半端な甘さですね)」モグモグ

男「さぁってww」

友「俺もわかんね、惰性ってやつ?」モグモグ

男「ふーん」モグモグ


534 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 13:44:50.05 ID:geLe+VYr0

友「…」

男「ごっそさん…って、全然足りないけど」

天使「…」ポイ

男「ラップをその辺に投げるな馬鹿」

天使「す、すいません」

男「…(かぶんじゃねーよ)」

友「なぁ、お前は知らないと思うけどさ」

男「へ?」

友「いや、俺たち違うクラスだったろ?」

男「まぁ…去年は別だったなぁ」

友「あのぉ…て、転校生?」

男「ん?」


537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 13:48:18.54 ID:geLe+VYr0

友「そ、そうだ!そうだよ、転校生だ!」

男「はぁ?転校生?」

友「そっ!去年!2年の時!!」

男「うー、ちょうど俺が陸上辞めた時だな…」

友「あーなんで今まで忘れてたんだよ俺のばか」

男「で、転校生?がなに」

友「あっ、その転校生なんだけどさ、なんか知らない?」

男「……知らん、つーか転校生なんていたのか?」

友「いたって!ほら!……あの、あのー…」


539 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 13:53:43.29 ID:geLe+VYr0

友「あのー…」

男「…」

男「真実、知ってる事、全て吐き出せ」

友「えー………」

友°「…誰だっけ?」

男「男?女?」

友°「あー、お…」

男「わかんないか…」

友°「分かるんだよ、でも分からないんだよ」

男「はぁ、またか…いいよ、戻れ」

友°「絶対服従…」

友「…うーん」

男「ほら、昼休み終わっぞ」スタスタ

友「うわっ!待ってくれよ~」タタッ

天使「…」


540 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/27(火) 13:56:20.52 ID:geLe+VYr0

天使「…」スッ

天使「にゃるほどねぇ、なにか変だと思ってたんですけど…」

天使「へー、そりゃ思い出せない訳ですよ」


天使「ふむ…」

キーンコーンカーンコーン♪

天使「まっ、まだ良いですよ、今は人間との暮らしを優先したいですしね~♪」



関連記事
ツイート はてブ
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | Copyright © チラ裏速報 All rights reserved. | 

    Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ無料ブログ比較・評価
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。